中古の大型ダンプ購入時のさまざまな支払い方法

建設業者や、産廃業者など、業務用としてはもちろんのこと、プライベートで個人所有するケースなど、中古の大型ダンプは、幅広い需要があります。一般的な乗用車と比較して厳しい安全基準が定められているため、しっかりとした整備がされており中古であっても質の高い商品として、中古市場に出回っています。 そんな大型ダンプを購入したいと考えた場合、現金一括払いで支払うことができれば理想ですが現実にはなかなかそのような訳には行かないことも少なくありません。手元にあるクレジットカードも、店舗の側でそのカードブランドに対応していなければならず必ずしも決済に使用できるとは限りません。そんな時のために、各社ではさまざまな支払い方法が提供されています。

金融各社のマイカーローンを利用する

銀行、信販会社、消費者金融などでは、自動車の購入者向けに、マイカーローンを提供しています。 比較的金利も低く設定されており、一定の条件はあるものの年率1%程度のサービスも存在しており、クレジットカードの分割払いや一般的なローンと比較して、遥かに有利な金利となっており大型ダンプを割賦支払いで購入したい顧客に対して新たな選択肢を与えています。 申し込みの際には、法令と各社が独自に規定する基準による審査がありますが、一定の安定収入があれば概ね問題ありません。 最近のマイカーローンでは、自動車の購入費用だけではなく車検、修理の費用に加えてカー用品の購入費用までもローンの対象となっているサービスも登場し、車両本体の購入後に必要となる維持費や経費も月々の支払額の負担を軽減することができます。

お店独自のショッピングローンを利用する方法も

商品を取り扱っているお店の一部では、信販会社と提携し独自のショッピングローンを提供しているケースがあります。 中には12回払い、24回払い程度であれば金利、手数料が無料で提供されているケースもあり、一括払いが不可能で分割払いを選択したい場合には、積極的に利用したいサービスです。 顧客とお店の間では商品の売買契約となり顧客と信販会社の間では立替払い委託契約という形になり、契約成立後は顧客と信販会社とのやりとりになります。 お店の側でショッピングローンを提供するには、信販会社からの審査があるためそのようなサービスを提供しているお店であれば法令順守はもちろんのこと、健全な経営が行われている証拠であり商品の購入先としてもショッピングローンを組む対象としても安心して利用できるのも大きなメリットです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加